CLIENTS

クライアントさまのご紹介

株式会社スマートデザインアソシエーション 代表取締役 須賀大介「ジャンルを超えたプロが集う新しい組織を」

須賀大介

須賀大介 プロフィール

1976年生まれ。O型。趣味は引越(14回)。大学時代に、仲間と今の会社の原型である、WEBマガジン【THE PLANET PLAN】を創刊。固定概念にとらわれない生き方をしている様々な大人を取材して掲載。そのころから、なんとなく新しい働き方を模索し始める。株式会社システムインテグレーターでSE、株式会社キノトロープでテクニカルディレクターを経験して、26歳で独立。創業10年目に、新しいチャレンジで、福岡に移住。現在、東京下北沢、茨城、沖縄、福岡の4拠点分散で、あたらしい仕事、あたらしい働き方を模索している。

株式会社スマートデザインアソシエーション

株式会社スマートデザインアソシエーション

2002年設立今年で、ちょうど10年を迎えました。
WEBクリエイター、農家、建築家など、ジャンルを超えたプロが集まり仕事をしています。
この働き方を、社名でもある、アソシエーションと呼んでいます。
私たちのクライアントは、企業、自治体、農家、地域です。
仕事は、クライアントの在り方や本質を、共に探していくところから始まります。そこから、どんなコミュニケーションを世の中ととっていけばベストか?をクライアントと創っていきます。
そのプロセスをデザインと呼んでいます。
ですから、WEBサイトも作りますが、農家さんとアイスクリームを開発して販売したり、その販路を開拓したり、必要な事はすべて一緒にやっていきます。

http://www.s-design.jp/
http://www.mamanqa.com/

QUESTION

グローバルコーチングを知ったきっかけと契約時の期待は?

カヤックの柳澤さんのブログを見て。当時、少し行き詰まっていて「これしかない」と思った瞬間に本多さんにメールを打っていました。「コーチングって何?」って感じで、それすらも知らないのに契約してしまいました。コンサルティングのようなものを想像していましたが、まったく逆であることが分かったのは、スタートして1か月くらいです。

コーチングセッションで印象に残っていることは?

前に進むために、ありとあらゆる題材をセッションで扱ってもらっていますが、スターバックスで自分の過去のトラウマに立ち向かったとき、コーチが涙を流してくれたし、叫んでもくれて。
周りはみんな変な目で見てたけど「この人は本気で俺のコーチをやってくれている」と感動したのを覚えています。

コーチングからの代表的な成果は?

「これでいいのだ」と思えることです。もちろん迷いはありますが、答えを、人や、世界に求めるのではなく、「自分がどうしたいか?」が判断の軸になります。それは、自己一致している自分を手に入れるという一番欲しかった自分なのです。コーチの関わり方が、深ければ深いほど、自己一致できる自分を手に入れられるのだと思います。

コーチングセッション以外のオプションサービスでの成果は?

コーチと一緒に、『湯禅(http://www.ohnuma.co.jp/yuzen/)』という経営者、ビジネスリーダー向けの、プログラムを開発しています。宮城県東鳴子の温泉地を使って、お湯と、自然にゆられながら、自らを深めていく静かな時間です。このすばらしいプロジェクトをコーチと創っていることが成果です

開始当初と現在の「コーチング」とのギャップは?

経営のヒントを一方的にコーチから与えてもらうということではないし、経営者が部下や社員をコーチングするテクニックを教えてもらう学校でもないということ。今は、自分の中にある答えを、在り方から取りに行くことだと思っています。

当初は想定していなかった成果は?

経営者の仲間が増えたこと。仲間以上に、兄弟といってもいいような存在ができるなんて、想像もしていなかった。今は仲間と一緒に新しいビジネスを生み出そうとしています。

コーチング費用に関しては?

グローバルコーチングが提供しているコーチングは、自分だけでなく、会社や自分の周りまで成長をしていきますから、ベストな金額だと思います。

今後のビジョンとコーチへの期待は?

まずは、新しい経営の在り方や、はたらき方を模索していきます。私にとって、スタッフにとって、パートナーにとって、どこひとつとっても欠けることなく、幸せなはたらきかたはあるのか?働く事が幸せだと感じらえる『場』を創れたときに、アウトプットがどのように変化していくのかを見届けていきたいと思っています。また、ここで得た仲間と共に、良いエネルギーを持つ『場』をデザインしていくことをしていきたいです。 コーチとは二人三脚で、その新しい価値を一緒に発明して行くパートナーとして、いつも一緒にワクワクしていたいです。

グローバルコーチングを薦めたい人とそうでない人は?

「こんなもんで終わるもんか」と歯を食いしばっている経営者。様々なしがらみに、がんじがらめになって本来のリーダーシップをとれないでいるビジネスリーダー。すごいことをしでかそうとしているけど、世の中で全然認められていないチャレンジャー。そんな方に薦めたいです。 受けない方がいい人は、特にいないです。時間をかけてじっくり自分の熟成を待ってくれますから。

FROM COACH

卓越したバランス感覚で宮崎から日本を豊かに

コーチングの最初のイメージはコンサルティングのような指導が中心なのかと思っていました。しかし、実際はそう濱渦さんは常々『宮崎に1000人の会社を創る』と語っていますが、濱渦さんの可能性は、さらに大きく、将来日本の首相になると思っています。濱渦さんはとにかくバランス感覚が素晴しい。濱渦さんはビジョンを創る力とそれを現実に実践していく力の双方が卓越した経営者です。今後もさらに磨きをかけて、『宮崎県知事になる』というもう一つの目標も達成するのはもちろん、その先は日本の首相になるんじゃないのかと予想しています。
『宮崎を豊かにする男』に留まらず『日本を豊かにする男』だと期待しています。