GLOBAL COACHING

DIALOGUE

head_dialogue_08kp

半年間のチームコーチングで得た一番の成果とは?

本多
半年間、これだけのお金と時間をかけてやってきた中で、一番の成果は何だと思いますか?
秋好
一番は、アウトプットとして組織をどうしようとか事業がどうなったというよりも、感情レベルでなんとなく、チームメンバーのことがわかったこと。わかった、というのはおこがましいかな。わかったというか、体験した。それが、一番大きかったですね。
本多
そう。素晴らしい!
曽根
体験したという表現が、確かに近いかもしれないですね。僕も何か、疑似体験をしようとしたわけです。少しでも秋好さんの立場になってみる、ということ。意識的にやりましょうと言われないと、やりませんでしたね。でも、やってみたら、ドアが多少開いて少し見えたかなと。
秋好さんは、もっと大幅にドアを開けているんだと思うんですけれども、秋好さんの景色を見せてもらって、そこを見たことが変革を受け入れる土壌や基盤になったんだろうと思います。そこを見ていなかったら、秋好さんが提案する話は、箱をひっくり返したように見えてびっくりしたと思います。
でも、ひっくり返すのにも理由があって。箱の中身も過程も、こうなっているからひっくり返したんだなというのを受け入れられる。中を見た差は、結構あった気がしています。変革を受け入れる土壌ができた。これが僕の中の一番の成果だったと思いますね。
足立
そうですね。これまでは、ランサーズの経営に対して、僕がこれまで経験したものを持ってくるとか発揮するのが仕事、という感じだったんです。今は、秋好さんと同じ物語を歩いていて、これから経験することが共通言語みたいな感じです。なので、全然違う。過去の2~3年間は、共通言語というより、僕が過去知っていたことを伝える期間。僕だったら、楽天で学んだことをランサーズに置き換えるとこうじゃないですか、と。でも今は、どちらかというと、共通言語として、一緒に考えるんだっていう感覚ですね。
角中
すごい……。
本多
感動してる。
角中
感動してる(笑)(涙ぐんでいる)。
本多
いいですね。じゃあ、アニキ、根岸さん。この半年で、チームは打線になってきているんですか?
根岸
なってきている、と思います。チーム打率が何割かはわからないけれど。でも、ヒットを打ったりっていうのは、これからだと思います。ディスカッションしたり、話す内容は変わったんじゃないかと思うので、「やること」は、これから変わるんじゃないかなっていう気はします。
本多
ああ、素晴らしい!

今、チームとして見えている未来

本多
ここまで進化した自分たちから、見えている未来。
角中
こういう未来を作っていきたい、こういうふうになりたい、世の中こうしていきたい、という思いはありますか?
曽根
僕からいくと、受け入れる土壌ができたなと思っていて。そこに何を乗せるかっていうのが、これから、すごく大事だと思っています。最終回のチームコーチングで共通していたのが、「これはスタートだ」という感覚。共通で前に進むものを作ろうよ、というね。
そのビジョン実現に向けて必要な変化・進化は、このチームより、さらにでっかいチームでやると思っています。このビジョン実現に対して、この4人でできることから、さらに大きくしていく時に大きくなって行けるのか。それには、ここで言語以前に共有できたものを言語化して、しっかりと再現していく仕組みを作らなければならない。そこをやっていきたいと思います。
足立
僕が見たいものは、ランサーズに入る時と何ひとつ変わってないんです。ランサーズに来た理由は変わってないし、いる間もずっと変わらない。
でも、今まであんまり見えていなかった、目を向けていなかった部分があって、そこに目を向ける時間が取れるようになり、見えるようになってきたかなと思います。個人としても、チームとしても。
今までは内側を見る機会が多かった。これから見る方向は外。外を見て乗り越えていくというのを、チームとしてやっていきたいと思います。
1 2 3 4
Bookmark and Share

▲このページのTOPへ

お問合せ先
株式会社グローバルコーチング
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-2-5
e-mail: info@gcoach.jp
URL: http://www.gcoach.jp/