ARTICLE

対談コンテンツ

コーチングセッションの完了

※実際のインタビューの中では完了の意味が述べられていますが、ここでは割愛しています。
本多
だんだんと、半年間の、このコーチングプロジェクトを完了していきたいと思うんです。 最後に、「完了です」って宣言してほしいんです。完了するにあたって、言いたいことは何ですか?
Iさん
そうですね。世界展開したいですね。
本多
それでいいんだけど、先行っちゃったね今。完了したあとに「今見えてる可能性は?」って聞くから。まずは、完了するにあたって、言いたいことがあればどうぞ。なきゃないでいいです。この半年、取り組んできたじゃないですか、俺たち。こんな成果があって、こんな学びがあって。その中で、ほかに言いたいことがあれば。
Iさん
自分の可能性をストレッチした感じですね。なんか硬くて。いつもの動きで硬くなるじゃないですか。使えば使うほど、やればやるほど、やっぱり柔らかくなる部分と硬くなるっていうのがあって。その硬くなった部分を柔らかくしたんだなという振り返りですね。
本多
素晴らしい。OK。じゃあ宣言してもらっていいですか。この半年「完了です」って言えばいいんですけど、宣言してください。
Iさん
完了です。
本多
はい。おめでとうございます。(拍手)
Iさん
楽しみですね。
本多
楽しみですね。(大笑い) おお、いいぞいいぞ!

未来の可能性を見る

本多
ごめんね、さっき止めちゃったけど、続き行っていい? 今見えている可能性を教えて下さい。
Iさん
今から3年後に、自分が知らないことをやっていないはずがない、と思いますね。想像つかないことをやってることしか想像出来ないって感じです。
本多
(笑)
Iさん
「成長とは何か」というと、自分の出来なかったことを出来るようにするとか、自分がやりたいけどできないことを、ちゃんと形にするっていうことだと思うんです。なので、非常に成長する。どういうふうに自分が成長して、会社が成長して、周りのみんなが成長するのか、僕は楽しみでならないということです。その場合きっと……、今東京で日本でやっていますが、知らない土地で知らない顧客を相手に、知らない事業をやってるんだろうな、と。その知らないことをどうビジョンとしてみんなに伝えていくか。冒険する楽しみをみんなと分かち合いたいという感じです。
本多
いいね! 素晴らしい。グッド!

今、伝えたい事:大きな成長に必要な2つの事

本多
コーチングセッションが完了した今、何を伝えたいですか。例えば友達の高橋君がここにいたとして、今、彼に何を伝えたいですか?
Iさん
ひとつは、可能性は自分の中にあるということですね。結局、自分の思考したとおりに世界が近づいていく。自分が変われば、行きたい方向には行ける。ああいうふうにしたいのであれば、自分がそうすればいいということです。 かつ、可能性は無限大なんだろうと。どこまでも、どんなことでも出来るんじゃないかと思うわけです。例えば、僕は世界展開したいとか、宇宙に行きたいとか(笑)、あるんです。今は夢物語だとは思うんですけど、自分が変わればそれが達成できるというか、それを信じ続けられることができれば、形になるんだろうなと思います。 その可能性を最大限に引き出すためには、どうすればいいか。自分だけでやることもできるし、たまには人の力を借りながらやると、違う変化が起こると思います。 だから僕を使ってくださいっていう話じゃないですし、だからコーチングをして下さいと言う話じゃないんです。 君が今、100%の力を出しているとしても、それは今の100%であって、明日の自分の100%ではないかもしれない。明日の100%は、自分がもっと変わっているので、100%の力を出し切っても昨日より大きな結果が出せる。そういう100%になるかもしれない。 自分の可能性をどれだけ広げられていくか。そして、そこに対して今100%自分の力を発揮していく。この2つが重なっていくと、すごく大きな、今は想像できない成長が出来るようになると思います。
1 2 3 4 5

BACK NUMBER