SERVICE

事業内容

経営者向けコーチング

組織の変化を経営者の「器」を 拡大することで創り出す

組織の変化を経営者の「器」を
拡大することで創り出す

コーチングとは、対話を通じて相手の「意識の変化」を引き起こし、能力を最大限に引き出す手法です

私たちのコーチングでは、まず「あり方」=「人の器」を扱います。
「あり方」は目には見えませんが、人の行動に決定的な影響を持っています。なぜだか分からないが、いつも同じような失敗を繰り返している場合のほとんどは「あり方」に原因があります。コーチングではその人の「あり方」に焦点を当てて進めていきます。

また、会社も経営者の器以上に大きくはなりません。経営者の「あり方」がそのまま会社の「あり方」に反映します。ビジネスの課題を乗り越えるために経営者が自分の「あり方」を掴み、自ら意図する「あり方」に変貌を遂げることができれば、会社にも奇跡的な「違い」が起こります。
私たちは経営者と一緒に意図的に「あり方」を創作し、欲しい結果を自然に引き起こす行動を具体的にデザインします。

経営者の「個人/内的」領域にアクセスし、組織の成果を創り出します

経営者の「あり方」とは、Ken Wilberが唱える「変革の4つの領域」で言い換えると「個人/内的」領域にあたります。
私たちのコーチングでは、経営者自身の「個人/内的」領域に焦点を当てて変革することによって、他の3つの領域にも変革を引き起こします。

変革が引き起こされる3つの領域

※クリックで拡大表示されます。

コーチングの形式

対面形式:60分/回

※双方の同意がある場合は最大90分まで延長可

2週間に1回(月に2回)

※6ヶ月単位でのご契約

コーチングの費用

月額:100,000円(税別)

〜500,000円(税別)

※6ヶ月単位でのご契約
※費用はコーチのスキル・経験やテーマ等に応じて決まります。

FLOW

ご契約からセッションまでのフロー

VOICE

体験者の声

ボトムアップの提案が多くなった。
物事や人の見え方が変わり、
メンバーとの距離が縮まった。
経営の判断軸がブレなくなり、
事業を進めるスピードが上がり、
ビジネスチャンスを逃さなくなった。
新規事業に経営資源を大量に投入していたが、
適切な経営判断で、
撤退の判断を迅速にすることができた
(コーチングがなければまだ続行していた)。
優秀な社員が辞めなくなった。
また、社員が辞めていくことに
不安を感じなくなった。